元気新聞


体への負担が少ないウォーキングは、老若男女にかかわらず誰にでも手軽に行える運動です。秋の涼しい気候のもと、散歩がてらにはじめてみませんか。正しい知識を持って行えば効果も楽しさも倍増です。



ウォーキングは、長時間かけて体内に酸素を取り込む運動、すなわち有酸素運動です。
足腰を鍛えるだけでなく、脂肪の燃焼を促したり、生活習慣病の予防になったり、継続すれば様々な効果が期待できます。

●心肺機能の強化
 少ない負担で心臓を強化、また換気量が増え肺が活性化します。

●腰痛の予防
 筋肉が強化され、背骨や骨盤を保護してくれます。

●ストレスを解消
 脳への血流がよくなり、精神が安定します。

●血管の老化防止
 動脈硬化を招く血管内の余分な脂肪を燃焼し、コレステロール値を正常に保ちます。

●疲れにくい体へ
 より多くの酸素を取り込むことで、酸素が疲労物質を分解し、疲れにくい体をつくります。



◆準備体操を忘れずに。たとえば...

◆日焼けや熱中症予防をしっかりと
  帽子や飲料水を忘れずに。飲料水はのどの渇きを感じる前に飲むのがポイント。

◆天候の変化にも注意
  急に気温が下がったり、雨が降った場合に備え、上着や雨具の用意も。

◆ケガをしないために
  靴ずれやねんざの予防のため、履きなれた軽い靴を履きましょう。