横山内科のご案内

横山内科横山内科

〒641-0043 和歌山市宇須1丁目5-15
TEL / 073-422-1741
横山内科
休診日:日曜・祝日・木曜・土曜の午後
●駐車場完備 ●電話予約可(当日予約可) ●外国語対応

診療科目

内科・消化器科・胃腸科・循環器科・呼吸器科・小児科・CT放射線科・アレルギー科
アルカディアルーム・禁煙外来・メンタルヘルスケアの相談・メタボリックシンドローム・漢方治療
がん検診・生活習慣病検診・健康診査・健康診断・各種予防接種・訪問診療・在宅医療の実施
介護認定・介護サービス・訪問介護・ホームヘルパー等派遣 など。

アクセスマップ

横山内科への地図をアプリで開く

当院の設備

横山内科では、ウォーターベッド「アクアタイザー QZ-240」高度な精密検査が行われるように、精密検査用の高分解能スライスCTスキャナ「Alexion」やハイスペックの超音波治療器「ソニックターザー」など様々な最新の医療機器を導入しています。

ウォーターベッド「アクアタイザー QZ-240」

ウォーターベッドウォーターベッドの浮遊感の上で施す、
水圧による極上のマッサージ

「アクアタイザーQZ-240」は、水本来の流体特性を手技療法に応用し、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら手技療法の様な力強い・心地よい刺激を実現した治療機器です。
脊柱を中心に、筋肉・腱・靭帯のコリを水圧刺激によってほぐします。それにより、血行の改善を促進します。またリラクゼーション効果に優れています。
適応症状:肩こり・腰痛・背中の痛み、+リラックス効果
ウォーターベッド

マルチスライスCTスキャナ「Alexion」

マルチスライスCTスキャナ「Alexion」精密検査用の高分解能スライスで、広範囲を高速撮影。
ルーチン検査における高画質化はもちろん、16列マルチスライスCTならではの、臨床価値の高い診断情報を提供します。
■最新の被ばく低減技術によって、低被ばく検査を実現します。
■撮影時間が大幅に短縮され、患者様のご負担を軽減出来ます。
■一度の検査で多くの情報を得ることが出来ます。
■任意方向からの観察や立体像の作成することが出来ます。
マルチスライスCTスキャナ「Alexion」

超音波治療器「ソニックターザー[SZ-100]」

ソニックターザー[SZ-100]均等な超音波放射による安全性が、安心の治療を実現します。
超音波の機械的振動を体に与えて、その温熱作用とマイクロマッサージ作用による疼痛暖和や血流促進、組織の修復等を目的とした超音波治療器です。
■安心して治療できるトップクラスのBNR
不均等なプローブで治療すると局所的に強い超音波が放射され、生体組織を損傷するおそれがあります。一般的にBNR(ビーム不均等率)5.0以下で良好と言われる中、SZ-100のプローブのBNRはすべて2.9以下を実現しました。均等な超音波放射により、安全に治療できます。
■超音波放射を目で確認できるイルミネーション
超音波治療は低周波治療などに比べて体感が少なく、プローブヘッドと生体の接触状態が不正確になると十分な治療効果が得られないため、正しく治療できているかどうかが分かりにくいという欠点がありました。SZ-100では、操作パネルとプローブにリング状のインジケータを採用することで、どこからでも治療状態を確認できます。イルミネーションは接触状態を表示し、超音波の放射が適切に行われているかどうかを視覚的に判断できます。
いろいろな症状や部位に対応できるようプログラムが組まれており、血流の改善・増大、 疼痛の緩和、 組織の伸展性の向上、マイクロマッサージ効果、 細胞膜の透過性や活性度の改善などの治療効果が期待できます。
ソニックターザー[SZ-100]

フルデジタル電子内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」

フルデジタル電子内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」内視鏡検査における鮮明な高画質画像によって、より高度な検査・診断が可能になりました。
■高画質機能
内視鏡検査で
は、様々な条件下で、常に正確な情報を得ることが求められます。 Advanciaは、富士フイルム独自の画像技術を搭載。観察部位の位置や形状により照明が届きにくい、ブレが生じやすい、といった悪条件下でも、明るくシャープな画像を描出し、正確な診断をすることができます。
■分光画像処理機能FICE標準搭載
病変部分の隆起や陥没、表面模様などの形状や色調の微妙な変化を読み取る分光画像処理機能により、常に的確な検査・診断が可能です。
フルデジタル電子内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」

カラー超音波診断装置「SONIMAGE 513」

カラー超音波診断装置「SONIMAGE 513」当院の超音波診断装置では、腹部エコー検査・頚部エコー検査が可能です。
■腹部エコー検査では、肝臓病や胆石、動脈瘤などの検索が可能です。
■頚部エコーでは、動脈硬化や脳卒中の危険性の検索が可能です。
■エコー検査をした画像は、診察室のモニタで観察することが可能です。
カラー超音波診断装置「SONIMAGE 513」

オールデジタルX線テレビ装置

オールデジタルX線テレビ装置オールデジタルX線テレビ装置で、消化器の精密検査が受けられます。
当院では、最新式のデジタルX線テレビ装置を設置しております。
この装置は、従来よりも少ないX線で的確な撮影が行え、撮影した画像の拡大や透視調整など任意に変換ができ、 最適な画像が提供できます。 バリウムによる胃の検査なども、すべて高画質・デジタル化する事で、 見落としのない的確な検査を行え、早期がんの発見に有効となります。  くわしい検査内容は、医師へお気軽にお尋ねください。
オールデジタルX線テレビ装置

施設紹介

バリアフリーの院内には、最新の検査機器部屋、患者様の日常の健康管理に役立つアルカディアルーム、そして中庭を眺めながらゆったりお待ちいただける待合室など、地域の癒しの場として心地よい空間を心がけています。
※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。